project exograph

EXOGRAPHとは

200,000円で
生活すべてのデータを
売り買いできるか

もし1ヶ月の生活すべてのデータを売れるとしたら、
売ってくれる人はいるのでしょうか?
またそれを買う企業はあるのでしょうか?

AIやロボットの発展に伴い、働かなくても良い人が将来的に現れると言われています。

私たちはそのデータ運用の先駆けとして、
最低限困らない金額である20万円を人々に提供する代わりに、その私生活データを全て収集してその費用を賄うことに挑戦します。

すでにユーザーが気付かないうちに大企業によりデータ収集・売買がされている現状において、公明正大にユーザーにデータ取得を宣言し金銭的対価を提供するExographは果たして倫理的に間違っているのか。これからの社会が直面するこの問題に、正面から取り組むのは重要だと思いました。またこの実験は、現行のあらゆる生活スタイルを否定するものではなく、本実験を通して、さまざまな専門家に話を伺い、多くの人と議論をしたいと考えています。

EXHIBITION

1月31日〜2月5日に表参道ROCKETにて展示「22世紀の臓器売買」を行います。
本展では、被験者4名の1ヶ月の私生活が記録されているハードディスクの中身を全て公開し、アート作品として入札型のオークションを行なうことで「データとモノの価値の在り方」を来場者に問いかけます。またExographへ当初寄せられた「臓器売買」や「新手の貧困ビジネス」という意見を踏まえ、現代の労働観や生き方の在り方を問う作品も展示します。入札型オークションはどなたでもご参加頂けますので、多くの方にこご来場頂けますと幸いです。

↓告知ポスター
announcement

PROMOTER
主催者

profImg

株式会社Plasma 代表取締役

遠野 宏季 | @hiroki_enno

京都大学大学院在学中の2016年に、Deep Learningを用いた目視検査システムを開発する株式会社Ristを創業し、2018年末に京セラグループに売却。現在は同社顧問。2019年11月から株式会社Plasma創業、代表取締役として新たな取り組みを始めている。

SCHEDULE
実験スケジュール

このプロジェクトはSHIBUYA QWS主催のQWSチャレンジプロジェクトとして活動しています。

11/01 参加者募集開始
| ※被験者の募集は終了しました
11/15 面接および合格連絡
|
11/22
11/25 実験開始
|
12/25 実験終了
12/27 お支払い

Q & A
よくある質問

カメラにより録画・録音されたデータはどのような使われ方をされますか?

データは人物の部分をマスク処理し、匿名化した状態で利用します。今回の実験では参加者の許可を頂いた数分の動画を利用し、企業や有識者の方へのヒアリング、調査報告などに利用させて頂きます。

撮影される場所は屋内のどこになりますか?

基本的には浴室以外で死角なく、全ての部屋にカメラを設置させて頂きます。

昼間に働いている人でも参加可能ですか?

はい、働いている人でも参加が可能です。普段の生活で24時間のうち睡眠も合わせて8時間以上は自室で過ごしている方であれば問題ありません。

国際特許出願中

私生活動画を収集しそこから得られるデータの利活用・売買を行うプラットホームの仕組みについて、2019年12月6日に国際特許の出願を行いました。本特許の利活用及び独占契約について興味のある企業からの問い合わせを、本日2019年12月26日から2020年1月31日の間に募集します。この期間に問い合わせを頂いた企業に対して、特許活用・独占契約に関して優先して対応する予定です。

CONTACT
お問い合わせ

企業からの協業、消費者行動データとしての利用に興味がある方からのお問い合わせを募集しています。